建築士 試験合格講座 申込は実績のある九州建設専門学院(福岡)で!全講座・全講習 生講義にて開講中

九州建設専門学院

建築士 試験合格講座

0120-09-7611
教育訓練給付制度対象講座
閉じる

建築士 講師紹介

計画・施工担当
西岡弘 西岡弘(にしおかひろし)先生 西岡弘 計画・施工担当
プロフィール
昭和20年5月5日生まれ
[福岡県福岡市南区在住]

(社)日本建築家協会九州支部元支部長。現在、西日本工業大学建築学科教授。西岡弘建築工房代表。その傍ら学院グループ講師として活躍中。

構造担当
北島進 北島進(きたじますすむ)先生 北島進 構造担当
プロフィール
昭和7年2月7日生まれ
[福岡県福岡市城南区在住]

大阪工業大学建築学科卒業後、工業高校で教鞭を執る。定年後、穂高建築研究所設立。その傍ら学院グループ講師として活躍中。

法規担当
照井善明 照井善明(てるいよしあき)先生 照井善明 法規担当
プロフィール
昭和30年5月4日生まれ
[福岡県春日市在住]

多摩美術大学芸術学部建築科卒業後、JA設計、農林中金を経て、平成5年アーキ・スタッフ設計工房設立。その傍ら学院グループ講師として活躍中。

環境・設備担当
曽根慶三 曽根慶三(そねけいぞう)先生 曽根慶三 環境・設備担当
プロフィール
昭和22年3月4日生まれ
[福岡県筑紫野市在住]

東洋大学建築学科を卒業。永年、建設会社に勤務し営業・設計・工事の各分野で実務の指導と教育に携わる。環境工学(建築計画)専攻の知識と現場経験を活かして活躍中。「論文記述」を得意とし、施工管理技士の講義にも定評がある。

講師陣より一言

 過去10年間に出題された学科試験問題を分析すると、7割は同一問題が繰り返し出題されています。要するに、過去問題を徹底的に勉強することが合格の近道になります。合格するには足切りラインがあります。

 各科目とも平均して13点から14点とらないと合格はできません。法令集は法改正が毎年あるため、最新版を購入し勉強しましょう。古い法令集では、解答が違ってくることがあるので注意して下さい。

 受験生の多くの方々は建築法規や建築構造を難しい科目と考えているようです。不得意科目の克服には、総合対策や問題集を繰り返し勉強して下さい。

 一方、設計製図の試験は、課題内容の公表から3ヶ月、学科試験の合格発表からは約3週間しか試験の準備期間が取れません。したがって、短い期間で効果的な学習をすることが要求されます。

 製図能力の習得は「道具に慣れる」ことにより、「線の表現力」が向上します。本講座では、さまざまなデータを分析し、最新の出題傾向にあわせた講義を講師の経験を踏まえて対面講義で行っています。

資料請求 講座申込